敏感肌に効果的なクレンジで肌を綺麗に|ランキングを参考にしよう

レディー

洗浄しながら潤いを

鏡を見る人

油分を分解する成分

クレンジングとは、メイクのために顔に塗った化粧品を除去することです。そしてメイク用の化粧品は一般的に、肌にしっかりとくっつくように、皮脂との相性が良い油分で作られています。そのためそれを除去するクレンジング剤は、油分を分解する成分で作られているのです。メイク用の化粧品の油分が皮脂にくっついている以上、クレンジングをすると、油分と一緒に皮脂も除去されることになります。皮脂は肌を守るためにある程度は必要となる存在なので、それが除去されることで、肌は刺激を受けやすくなります。特に敏感肌の人は、そのようになる可能性が高めです。そのため昨今では、洗浄力が抑えてある敏感肌用のクレンジング剤も販売されるようになっています。化粧品の油分はしっかりと除去されますが、肌に必要とされる皮脂は残されるので、敏感肌の人にとって使いやすいのです。

量や摩擦による刺激に注意

敏感肌用のクレンジング剤には、植物性のオイルや、人間の皮脂に近い構造をしている動物性のオイルなどが配合されていることが多いです。クレンジングをしながら、オイルによる潤いを与えることもできるので、その点も敏感肌の人にとってはメリットとなっています。しかし潤い効果を求めて多く使いすぎたり、肌に強く塗り込んだりすることはタブーとなっています。もとが洗浄するためのものですから、使いすぎると低刺激なものでも洗浄効果が高く出てきて、皮脂が除去されてしまうからです。また強く塗り込むと、肌に摩擦による刺激を与えることにもなります。そのため敏感肌の人は、単に低刺激なクレンジング剤を使えばよいというわけではなく、適量を手に取り、それを肌に優しくなじませるようにして使うことが大事なのです。そうすることで、肌を適度に洗浄しながら潤わせることが可能になるのです。