敏感肌に効果的なクレンジで肌を綺麗に|ランキングを参考にしよう

レディー

メイク落としがカギ

目を閉じる女性

メイク落としの種類

敏感肌の場合、普段メイク落としに使っているのはどんなタイプのクレンジングですか。オイルやリキッド、ジェルやミルク、さらにクリームや拭き取りなどたくさんの種類が販売されていますよね。ファンデーション以外にBBクリーム・CCクリームが登場して以来、肌への負担が減るといった理由で敏感肌の人の支持を集めています。その他にも、クレンジング負担を考慮した「洗顔料で落とせる」敏感肌でも使える軽めのメイクアップアイテムは近年ずいぶん増えました。メイクはしっかりと落とさないと肌へ負担となるので、きちんと洗顔は行なっていく必要があります。ですがクレンジング剤を使用しているのに落ちている気がしないなど、不快感を抱く人も多いです。この場合、洗顔とクレンジングが一緒に出来るタイプで試してみるのも一案です。それでも解決しないなら敏感肌でもクレンジングを使ったほうが得策です。

メイクで使い分けましょう

汗や皮脂によるメイク崩れに強いファンデーションとコンシーラーを使ったベースメイクは落としにくい部類ですので、オイルやリキッドが向いています。敏感肌だからそこまでしっかりしたベースメイクは使っていないという方は、刺激と脱脂力が弱いミルクタイプを選ぶと肌トラブルを防ぐ事ができます。メイクとクレンジングの組み合わせにはいろいろありますが、ファンデーションとコンシーラーはオイル、ニキビが気になる方はリキッドがお勧めです。BBやCCクリーム、コンシーラー、さらにフェイスパウダーを使ったときには、ジェルかミルクタイプの方がしっかりと落ちるでしょう。色がつくタイプの日焼け止めは、ミルクタイプかクレンジングと洗顔が一緒に出来るタイプをお勧めします。もし、軽めのメイクでもオイルクレンジングを使っていて乾燥が気になるのであれば、必要な皮脂まで落としてしまっているサインです。その時のメイクに応じてクレンジングも変えていくといいでしょう。